更新日:2024.02.21

こんなお悩み
ありませんか?

スキルを身に着けて
自由な働き方をしたい
副業を始めてみたい
子育てしながら
在宅で働きたい

おすすめのWEBデザインスクール7選をご紹介します!

WEBデザインのスキルを身につける方法として、独学や専門学校、オンラインのWEBデザインスクールなどがあります。働きながら学んだり効率よく学んだりしたい方は、WEBデザインスクールを利用するのがおすすめです。

しかし、WEBデザインスクールへの入会を検討する場合、スクールの数や学びの種類も多く、それぞれ特徴や価格もさまざまなので、

・どのスクールを選べばいいの?
・オンラインではどんな学びができるの?
・なにを優先すればいいの?

といった疑問や課題が生まれると思います。

そこで当サイトでは、WEBデザインスクールに通いたい方の疑問や課題解決に役立つ情報をまとめてご紹介します。

受講期間や身につけられるスキルなど、こだわりで選ぶおすすめのWEBデザインスクールや、WEBデザインを学ぶうえで知っておきたい情報のほか、WEBアンケートを実施して実際にスクールに通った方の口コミや評判をまとめてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。自分にぴったりのWEBデザインスクールを見つけて、新しいスキルを身につけましょう。

おすすめのWEBデザインスクール比較表

イメージ
スクール名Campus(キャンパス)SHE likes(シーライクス)デジハリオンラインスクールヒューマンアカデミーFamm(ファム)webfree(ウェブフリ)デイトラ
強みサブスク型なので他スクールと比べて料金が圧倒的に安い!コンテンツも非常に豊富!40種類以上の職種・スキルを定額で学び放題!メディア掲載実績も多数!20年以上のクリエイター育成ノウハウがある!実践的なカリキュラムを用意!就職率90パーセント以上を達成!厚生労働省の給付制度対象コースを用意!無料でシッターを手配してもらうことができる!未経験でも歓迎!実践型のフリーランス育成スクール!7種類のコースが用意されている!業界最安級のリーズナブルな料金設定!カリキュラムの閲覧無制限!
おすすめポイント・サブスク型でサービスを提供
・卒業制度がなくいつまでも学べる
・200本以上のコンテンツを用意
・40以上の職種・スキルに対応
・仕事にチャレンジできる
・月一回コーチングが受けられる
・トップクリエイターがカリキュラムをプロデュース
・20年以上のクリエイター育成ノウハウを持つ
・フリーランスに強い
・就職率がとても高い
・就職まで丁寧にサポート
・3種類の学習スタイルがある
・シッターを無料で利用可能
・卒業生3,000名以上
・95%以上が満足している
・7種類の豊富なコース
・チャットで質問し放題
・受講中から案件獲得~納品までを体験できる
・料金設定が良心的
・カリキュラムは随時アップデート
・長期にわたるサポート
料金入会金19万8,000円(税込)
月額5,500円(税込)
【スタンダードプラン】
入会金16万2,800円(税込)
月額1万6,280円(税込)
など
【Webデザイナー講座フリーランスプラン】
43万7,800円(税込)
【Webデザイナー総合コース】
入学金1万1,000円(税込)
受講料・他76万1,839円(税込)
など
受講料:18万4,800円(税込)記載なし【Webデザインコース】
9万9,800円(税込)
など
受講形式オンラインオンライン/通学オンラインオンライン/通学オンラインオンラインオンライン
受講期間無制限(卒業なし)1年約8か月6~12か月約1か月4~10か月約110日
独立支援ありありありありありありなし
受講生同士の交流ありありなしなしありなしあり
運営会社情報株式会社Campus
東京都新宿区四谷1-23-6 協立四谷ビル
SHE株式会社
東京都港区南青山3丁目7-21
デジタルハリウッド株式会社
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 4F
ヒューマンアカデミー株式会社
東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル5階
株式会社Timers
東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザB1
株式会社HATCH
東京都千代田区神田錦町2-2-1 12F WeWork KANDASQUARE
株式会社デイトラ
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめの
WEBデザインスクール7選!

Campus(キャンパス)

おすすめポイント

ポイント1 サブスク型でサービスを提供
ポイント2 卒業制度がなくいつまでも学べる
ポイント3 200本以上のコンテンツを用意

サブスク型なので他スクールと比べて料金が圧倒的に安い!コンテンツも非常に豊富!

Campus(キャンパス)は月額5,500円のサブスク型のため、料金はほかのスクールと比べると非常に安いです。卒業制度が存在しないため、期間の定めなく満足がいくまでいつまでも学び続けることが可能です。

コンテンツは200本以上存在し、わからないことはいつでも講師にチャットで相談できるため、行き詰ってしまう心配もありません。

基本情報

料金 入会金19万8,000円(税込)
月額5,500円(税込)
受講形式 オンライン
取得できるスキルPhotoshop、Illustrator、Adobe XD、Wordpress、
HTML/CSS、JavaScript、PHP、Premiere Pro、After Effects
受講期間 無制限(卒業なし)
無料講座あり
独立支援 あり
受講生同士の交流 あり
運営会社情報 株式会社Campus
東京都新宿区四谷1-23-6 協立四谷ビル

口コミ・評判

自分のペースで学習できる! (眞砂由依)

育児中で夜間や隙間時間の学習ですが、動画で学習することができ、 わからないことも時間を気にせず質問できるので非常に便利です。


【Webデザインの勉強を始めたきっかけは?】
学生時代から世界遺産に興味があり、社会人になってからは海外旅行が趣味となりました。 しかし休暇を取りづらい職場だったため、『訪れてみたいトコ』や『やってみたいコト』を諦めることが多く、結婚・出産を期に、家族と過ごす時間や自分の時間を、"場所を拘束される仕事”で、犠牲にしたくないという思いが強くなりました。在職中からPC作業は得意だったため、PCひとつで場所を選ばない仕事に就き、貴重な時間を自分と家族のために使いたいと思ったことです。



【Webデザインスクール「Campus」を選んだ理由は?】
私は昔から大切なターニングポイントには自分の直感を大切にしてきましたが、SNS等でオンラインスクールの情報を集めていた時にCampusさんの案内動画を拝見し、その中で代表の梅谷さんが話されていた『家族との時間を大切にしたい』というお話を聞いて、自身と同じ点に非常にフィーリングを感じ、『人』と『時間』を大切にされている点に賛同したからです。



【「Campus」のWebデザイン講座や講師のサポートはいかがでしたか?】
育児中のため学習は夜間や隙間時間がメインとなりますが、LIVE授業ではなく、また見逃したセミナーも録画受講できるためマイペースに学習することができます。質疑もチャット形式のため内容がテキストで残りますし、講師陣の方の時間や都合を気にすることなく投げかけることができ非常に便利です。



【得られたこと嬉しかったこと】
受講を開始して1ヶ月ですが、HP制作の流れや仕組み、普段目にするWeb用語の意味を理解できるようになりましたし、CMや広告などのデザインを注視するようになり目線が変わりました。

サポートが手厚い! (U.T)

わからないことは個別での質問ができ丁寧にご説明いただけます。 講師の皆さんがアットホームな雰囲気で話しやすく聞きやすい環境です。



【Webデザインの勉強を始めたきっかけは?】
キャンピングカーで日本一周をしながら場所や時間に縛られずに仕事をしたい。という夢があり、そのためには、HP制作や動画編集などのスキルを身に着けて、クリエイターとしての仕事が出来るようになろうと思ったことです。現在SEとして仕事をしているため似たような業界にはいますが、スキルとしては別物なのでしっかりと習得したいと思い学び始めました。



【Webデザインスクール「Campus」を選んだ理由は?】
やはり「卒業がない」という点が決め手でした。もちろん限られた期間の中で集中してやることも大切ですが、私の場合は夫婦でCampusに参加しており、妻がWebについて未経験なので、時間がかかってもしっかりと学んでいきたいという想いがありました。また、様々な講座があるのも魅力的でした。通常どれか1つのスキルを学ぶだけでも高価な内容になるかと思いますが、HTML、CSSやPhotoshop、動画編集などこれだけ学べて月々5500円は嬉しい内容ですね!



【「Campus」のWebデザイン講座や講師のサポートはいかがでしたか?】
とても手厚いサポートをして頂いております。分からないことがあった時は個別での質問が可能で、丁寧にご説明をして頂けます。また、良い意味で講師のみなさんが講師らしくないというか。(笑)アットホームな雰囲気で友達の様に話しやすい方達なので、心強いのと何でも聞きやすい環境で本当に助かっています!



【得られたこと嬉しかったこと】
私自身はWordpressや動画編集などのスキルUPが出来たことですが、何よりも未経験から始めた妻が、今となってはPhotoshopでバナー作成などを1人で出来るくらいに成長していることに感動しました!

SHE likes(シーライクス)

おすすめポイント

ポイント1 40以上の職種・スキルに対応
ポイント2 仕事にチャレンジできる
ポイント3 月一回コーチングが受けられる

40種類以上の職種・スキルを定額で学び放題!メディア掲載実績も多数!

SHE likes(シーライクス)では、WEBデザインをはじめとして合計40以上の職種やスキルを身につけることができるようになっています。メディア掲載実績を非常に豊富に持っているほか、コミュニティが存在するので共に学ぶ仲間を作ることが可能です。

スキルを仕事につなげるサポートもしてもらうことができます。

基本情報

料金 【スタンダードプラン】
入会金16万2,800円(税込)
月額1万6,280円(税込)
など
受講形式 オンライン/通学
取得できるスキル40の職種スキル/ Webデザイン、ライティング、マーケティングなど
受講期間 1年
無料講座あり
独立支援 あり
受講生同士の交流 あり
運営会社情報 SHE株式会社
東京都港区南青山3丁目7-21

口コミ・評判

コツコツ頑張りたい私に向いていました (ロケット)
初回コーチングがめちゃめちゃいいです!とても先生方が上手なのか、なんか「私出来そう・・というかやってみるぞ!」という気持ちになれます。前からデザイン系のことがパソコンでできるといいなと思っていました。それが遠くない将来に、実現できそうな気さえしています。 バナーの制作に数時間かかってしまいましたが、添削結果が非常に良かったので嬉しかったです。とても教え方が上手な先生が沢山!なんにせよ否定せず誉めてくれるのは嬉しい!半年くらいでできることがかなり増えた実感があります。
引用元: https://minhyo.jp/
オンラインで仕事のノウハウが身についた (学生時代は資格取得の勉強で苦労したキャリアウーマン)
社内でホームページ制作の補助業務を行っていた関係もあり、一部の人を対象とした、ホームページ作成に関する指導を、副業として行っていました。しかし、ホームページ制作の技術を仕事のスキルとして身につけたいため、本格的にスクールへ通ようと決意しました。ただ、自宅や会社の近くにホームページ制作を学べる通学型のスクールはないという理由もあり、インターネットで仕事のノウハウが身につけられるここに決めました。 受講期間は約2ヶ月で、毎日2時間の動画を見て勉強する仕組みでしたが、解説動画がとてもわかりやすく、効率よく学習できました。また、月1回、受講生と一緒に勉強できる機会がある等して、学習に対するモチベーションを維持できた点に関しても、大変良かったです。卒業試験を合格した現在は、運営会社からの仕事によって副業を行っていますが、将来フリーランスとして活躍できるよう、頑張りたいと思います。
引用元: https://minhyo.jp/
デジハリオンラインスクール

おすすめポイント

ポイント1 トップクリエイターがカリキュラムをプロデュース
ポイント2 20年以上のクリエイター育成ノウハウを持つ
ポイント3 フリーランスに強い

20年以上のクリエイター育成ノウハウがある!実践的なカリキュラムを用意!

デジハリオンラインスクールは、何度でも反復できる動画授業、リアルタイムで講師とコミュニケーションできるライブ授業、目的達成にとことん付き合ってくれるアダプティブ・サポートなど、しっかりと学んだうえで就職まで問題なくできるようにしてくれるためのサポート体制が整っています。

フリーランスに強いのも特徴です。

基本情報

料金 【Webデザイナー講座フリーランスプラン】
43万7,800円(税込)
受講形式 オンライン
取得できるスキルPhotoshop/Illustrator/HTML / CSS /Dreamweaver/JavaScript
企画・ワークフロー、カラー・フォント、バナー広告制作講座
Webライティング/ カメラテクニック、マネージメントスキル、Webディレクション
クリエイターのための著作権、オンライン・アダプティブ・サポート(希望者のみ)
受講期間 約8か月
無料講座あり
独立支援 あり
受講生同士の交流 なし
運営会社情報 デジタルハリウッド株式会社
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 4F

口コミ・評判

無題 (webbew)
オンラインスクール且つフリーランスプランがあるスクールを探していました。 数あるスクールの中でも、授業のボリュームが一番多いデジハリ・オンラインスクールを選択しました。 実際に利用してみた感想としては、授業(動画講義)がかなり細かいところまで教えてくれ、非常にわかりやすいという印象です。 もし、わからなくてもSlackやzoomを使って質問できるので、授業がわからなくて挫折しそうということが一度もなかったです。
無題 (MAHA)
オンラインで申し込みから受講まで完結するため、こちらのスクールを選びました。実際、すぐに受講が開始できて、好きな時間に学習できるので、社会人に浮いていると思います。
ヒューマンアカデミー

おすすめポイント

ポイント1 就職率がとても高い
ポイント2 就職まで丁寧にサポート
ポイント3 3種類の学習スタイルがある

就職率90パーセント以上を達成!厚生労働省の給付制度対象コースを用意!

ヒューマンアカデミーは就職率90パーセント以上を誇り、厚生労働省教育訓練給付制度対象コースも用意されています。入学前から就職後まで専任のカウンセラーやプロ講師がサポートしてくれるので安心です。

学習スタイルはオンラインのほかに、通学や、オンラインと通学のミックスが存在し、自分に合ったスタイルで学ぶことができます。

基本情報

料金 【Webデザイナー総合コース】
入学金1万1,000円(税込) 受講料・他76万1,839円(税込) など
受講形式 オンライン/通学
取得できるスキルPhotoshop/Illustrator/HTML/CSS Basic/CSS Advance/CSS Specialist/Java Script/
WordPress Basic/WordPress Advance/WebサイトUI設計
受講期間 6~12か月
無料講座あり
独立支援 あり
受講生同士の交流 なし
運営会社情報 ヒューマンアカデミー株式会社
東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル5階

口コミ・評判

カリキュラムの自由度が高い (サンタ)
こちらのスクールは、人それぞれにあったカリキュラムを作って無理なく継続して学習できるところが良いですね。講師の方も丁寧親切でとても好感が持てます。些細な質問に対しても的確にアドバイスしてくれますのでビギナーの方でも安心できると思います。
無題 (MASU)
ヒューマンアカデミーWebデザイン講座は、厚生労働省の給付対象コースのある、Webデザインスクールです。卒業生の就職率90%と非常に高いです。授業はオンラインと通学があります。この時代にぴったりのサービスです。
Famm(ファム)

おすすめポイント

ポイント1 シッターを無料で利用可能
ポイント2 卒業生3,000名以上
ポイント3 95%以上が満足している

無料でシッターを手配してもらうことができる!未経験でも歓迎!

Famm(ファム)は子育てをしている主婦・ママ向けのスクールとなっています。無料で自宅にシッターを手配してもらうことができるようになっているので、子供の世話について心配することなく存分に学習することが可能です。

期間も1か月と非常に短くなっているので、長期間学習に時間を取られることもありません。

基本情報

料金 受講料:18万4,800円(税込)
受講形式 オンライン
取得できるスキルHTML、CSS、Photoshop、WordPress、JavaScript、jQuery
受講期間 約1か月
無料講座なし
独立支援 あり
受講生同士の交流 あり
運営会社情報 株式会社Timers
東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザB1

口コミ・評判

無題 (なたあかやま)
ファムWEBデザイン講座さんは、WEBデザイナーを目指す方のためのスクールです。とてもレベルが高く、わかりやすい授業内容だと感じました。育児に対して理解があるスクールで、ベビーシッターのサービスもあります。
無題 (ashi)
FammWebデザイン講座はその名の通りWebデザイナーの為のスクールです。Webで完結しますので、通学の時間が取りにくい人などにおすすめだと思います。スクールの内容もすごく分かりやすかったと思います。
webfree(ウェブフリ)

おすすめポイント

ポイント1 7種類の豊富なコース
ポイント2 チャットで質問し放題
ポイント3 受講中から案件獲得~納品までを体験できる

実践型のフリーランス育成スクール!7種類のコースが用意されている!

webfree(ウェブフリ)は実践型のオンライン型のフリーランス育成スクールです。将来について明確に「こうなりたい」というビジョンがなかったとしても、コーチングセッションで興味や適性をチェックしてもらえるので、現状あまり将来設計ができていなかったとしても問題ありません。

受講中から案件獲得などを体験することもできます。

基本情報

料金 記載なし
受講形式 オンライン
取得できるスキルWordPress/ Analytics/ Search Console/ Premiere Pro/After Effects/Media Encoder
Figma/ Illustrator/ Photoshopなど
受講期間 4~10か月
無料講座なし
独立支援 あり
受講生同士の交流 なし
運営会社情報 株式会社HATCH
東京都千代田区神田錦町2-2-1 12F WeWork KANDASQUARE

口コミ・評判

無題 (M.N)
実際に受講してみて、最初は続くかなとか、私にできるかなと考えていましたが、講師の方が優しく、たまに叱咤激励してくれたおかげでめげずにやってこれたと思います。すごく助けてもらいました。 人間なんで、どっかで今日はやりたくないなとか思うところがあると思うんです。その時に、「せっかく毎日ここまで頑張れてるのに勿体無いですよ」と声をかけてくれたり目標に向かって二人三脚で「一緒に頑張りましょう」とか、時には「まだ頑張りましょう」とか、厳しいお言葉ももらいましたがそれもまた今となってはとても励みになりました。収益に向けての頑張る活力にもなったと思います。
無題 (M.K)
もともとデザインには興味がありました。インスタを見ている時にウェブフリの広告が回ってきて、未経験からフリーランスになれる、イラストレーター、フォトショップが使えるようになるというところが気になり、申し込みました。 いつでもわからないところがすぐに聞けるところ、1日1回はコーチとのやりとりがあるところがとても良かったと思います!3日坊主で続けれるか少し不安だったのですが、1日1回やりとりがあるおかげで、モチベーションを保ち続けれました! 案件獲得フェーズに入り1ヶ月ほどたった頃、なかなか続けて案件を取れず悩みながらも毎日案件応募を頑張っていたら、「最近頑張っていて偉い!!」と褒めていただきました。とても単純ですが、とても嬉しかったですし、もう少し頑張ろうという気になれました。本気の方には本気で向き合ってくれます!
デイトラ

おすすめポイント

ポイント1 料金設定が良心的
ポイント2 カリキュラムは随時アップデート
ポイント3 長期にわたるサポート

業界最安級のリーズナブルな料金設定!カリキュラムの閲覧無制限!

デイトラでは、現場で活用可能な実用的なスキルを身につけられます。メンターは全員現役のデザイナーとなっており、気軽にチャットで質問することが可能です。

学習にはFigmaという世界No.1の無料デザインツールを使用するので、学習後はさまざまな現場で活躍できることが見込めます。また、料金はかなり良心的です。

基本情報

料金 【Webデザインコース】
9万9,800円(税込) など
受講形式 オンライン
取得できるスキルFigma/LPデザイン/UIデザインなど
受講期間 約110日
無料講座あり
独立支援 なし
受講生同士の交流 あり
運営会社情報 株式会社デイトラ
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階

口コミ・評判

自習型と24時間質問可能が私にハマった (たけし)
定年後の再就職としてIT企業を狙っていたため、このサービスを利用しました。本業をしながら学ぶには、このサービスのオンラインスクールはうってつけでした。このサービスの最も気に入った点は、動画のテキストを見ながら「自己学習スタイル」で勉強できること。24時間(深夜でも)質問できるシステムも良かったです。 毎日1つの課題を与えられる学習法で、平日は2時間程度、土日は4時間程度というカリキュラムも良かったです。ただ、個人的には土日は8時間くらい受講しても良いかなと感じました。また、1度購入した授業の動画テキストは、退会した後でもずっと見られるのが、後日、役立ちました。
引用元: https://minhyo.jp/
フィードバックがきめ細かくてわかりやすい (はとむぎちゃ)
自分自身のスキルを磨くためにオンラインで学べるスクールと知り、申し込みました。各コースごとにある程度の金額で学ぶことができますが、他の所よりも低価格で満足できる内容です。毎日1課題ずつ学ぶことができるから、スキルを着実に身に着けることができる実感があって楽しいのがメリットだと思いました。 課題に対してのフィードバックもていねいできめ細かいので、スキルアップをするなら十分だと思います。短期間でスキルアップを目指すなら利用して損はないと思いました。コースによっては上級コースもあるから、より高品質な仕事を受注したい人にはいいと思います。
引用元: https://minhyo.jp/
                   

WEBデザイナーとは?仕事内容や適性

WEBデザイナーとは?仕事内容や適性の見出し画像                  

これからスキルアップやキャリアアップを目指す人に注目されているのが、WEB系の技術を活かした業界や職種です。なかでもWEBデザイナーとして働きたいという人は多いですが、実際にWEBデザイナーとはどのような仕事なのでしょうか。 ここではWEBデザイナーの仕事内容や、WEBデザイナーに向いている人の特徴をご紹介します。

WEBデザイナーの仕事内容

そもそもWEBデザイナーとは、WEBサイトやWEBアプリケーションのデザインを専門的に行うデザイナーのことをいいます。配色やレイアウト、構成などを考え、ユーザーにとって見やすくわかりやすいデザインを制作するのが仕事です。

ただしデザインといっても、デザイナーの仕事は多岐にわたります。顧客が求めるサイトを把握するためのヒアリングから始まり、目的やターゲットの設定、それに合わせたコンセプト設計もデザイナーの仕事です。

コンセプトが決まれば、実際にWEBサイトのレイアウトデザインであるワイヤーフレームを作成し、具体的な配置や配色などを決めていきます。その後、詳細なデザインであるグラフィック制作でWEBサイト全体のデザインやロゴ、バナー画像などの制作を行います。

ここまでのWEBサイトの見え方を設計するのがWEBデザイナーの仕事ですが、そのデザインを実際のサイトにしていくコーディングやプログラミングの知識もある程度持っていた方が、仕事の幅を広げることができるでしょう。そのため、WEBデザイナーとして働きながらコーディングやプログラミングを学ぶ方も少なくありません。

WEBデザイナーに向いている人の特徴

どのような仕事にも向き不向きがありますが、WEBデザイナーにはどのような人が向いているのでしょうか。

制作への意欲がある人

WEBデザイナーに限らずデザインには、制作する意欲やものづくりをすることが好きな気持ちが必要です。デザイン制作の過程を楽しめる人や、試行錯誤することにやりがいを感じる人には向いている仕事だといえるでしょう。

柔軟な考え方ができる人

WEBデザインを考えるうえで重視したいのが、ユーザー視点でのサイトの見え方です。だからこそ偏った考え方や見方でデザインを考えるのではなく、どのようなサイトがユーザーに好まれるのか、使いやすいのかを柔軟に考えて形にできる人に向いているでしょう。

こだわりが強い人

色彩やデザイン、フォント、レイアウトなど、WEBサイトには細かな要素が数多くありますが、そのすべてにこだわってこそ、ユーザーが使いやすく見やすいサイトが完成します。だからこそ、こだわりが強い職人気質の人はWEBデザイナーとして成功できる可能性が高いといえます。

新しい知識やトレンドが好きな人

WEBデザインに限らず、WEB系の技術や知識はつねに更新されており、トレンドもどんどん移り変わっていきます。もちろん顧客やユーザーもそれに合わせて要望が変わっていくので、新しい情報を仕入れることやトレンドを知るのが好きな人には向いている仕事です。

WEBデザイナーに向いていない人の特徴

反対に、WEBデザイナーに向いていないのはどのような人なのでしょうか。

飽きっぽい性格の人

どのようなことに対しても飽きやすい性格の人は、WEBデザイナーに向いていない可能性が高いです。デザイナーは、細部までこだわったり地道な作業を続けることを繰り返す仕事なので、途中で飽きてしまう性格だと、デザインの質が下がったりムラが出てしまったりすることがあるでしょう。

スケジュールの管理が苦手な人

WEBデザイナーは決められた時間のなかで、最高のデザインを行うのが仕事です。そのため、こだわりながらも時間やスケジュールをしっかりと管理し、ほかの部署や技術者と連携を取る必要があります。それができない人は、デザイナーとして仕事をするのは難しいかもしれません。

周囲の意見を聞けない人

WEBデザイナーは1人で仕事をするのではなく、顧客の要望を敏感に受け取ったり仕事仲間と連携を取ったりしながら行っていくものです。そのため周囲の意見を聞き入れられない人や、人の気持ちに寄り添えない人はWEBデザイナーに向いていない可能性が高いです。

独学VSスクール!WEBデザイナーになるならどちらがおすすめ?

独学VSスクール!WEBデザイナーになるならどちらがおすすめ?の見出し画像                  

これからWEBデザインを学ぶ場合、独学で学ぶかスクールに通うかも悩むポイントのひとつです。ここでは独学とスクールのメリットとデメリットをそれぞれご紹介し、どちらがおすすめであるかを解説するのでぜひ参考にしてみてください。

独学のメリット・デメリット

まずは独学でWEBデザインを学ぶことのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット:費用を抑えられる

独学の大きなメリットとして、最小限の費用で学べるということが挙げられます。最近ではWEBデザイナーに必要な知識や技術を教えてくれる動画も多くアップロードされており、無料で学ぶことも可能です。

テキストを使用する場合でも2,000円~3,000円程度で購入できるので、できるだけ費用を抑えて学びたいという方には、独学がおすすめです。

メリット:自分のペースで学べる

独学には、自分のペースで学べるというメリットもあります。仕事や家事・育児の合間など、ちょっとした時間を見つけて無理なく勉強できるので、効率的に知識を身につけられるでしょう。

忙しい方はスクールに登録しても受講できず、費用を無駄にしてしまうということも少なくないので、ライフスタイルによっては独学の方が続けやすいケースもあります。

デメリット:自分で情報収集をする必要がある

独学でWEBデザインの知識や技術を習得するためには、自分で学習内容や最新のトレンドなどの情報を収集しなければならないというデメリットがあります。スクールの場合、カリキュラムが提供されていますが、独学ではそれがないので何を学ぶのか、どのように勉強するのかをすべて自分で決めなければなりません。

とくに初心者の方は多くの情報があるなかで、どれが最適な学び方や内容であるかを判断するのが難しく、学び始めるまでに時間がかかってしまう可能性もあります。

デメリット:モチベーションを保つのが難しい

どのような学習をする場合でも、スキルを身につけるためにはモチベーションを保ち、長く続けることが大切です。独学の場合、自分1人で学ぶ環境であること、また質問ができる相手がいないことや切磋琢磨できる仲間がいないことから、モチベーションが下がってしまう可能性も少なくありません。

WEBデザインスクールのメリット・デメリット

WEBデザインスクールを利用してWEBデザインを学ぶことの、メリット・デメリットも見ていきましょう。

メリット:最新の知識や技術を学べる

WEBデザインスクールのカリキュラムは、業界の最新の知識や技術を反映させたものとなっています。日々情報が更新され、技術が発展しているWEB業界において、最新のトレンドに合わせたデザインを学び、実践することが非常に重要です。

スクールなら最新の情報はもちろん、最適な学びや学習方法を提供してくれるので、効率的にWEBデザインのスキルを習得することができるでしょう。

メリット:サポートが受けられる

スクールの受講期間中は、講師やメンターなどによる学習のサポートが受けられるというのも大きなメリットです。オンラインのスクールでもサポートを重視しているWEBデザインスクールは増えており、直接質問ができたりアドバイスを受けたりできるため、すぐに疑問を解決でき、不安を抱えたまま学習を進める心配がありません。

またサポートを受けることでモチベーションを保ちやすいため、学習を継続できるというメリットもあります。

メリット:転職や仕事の紹介が受けられる

WEBデザインスクールのなかには、一定のスキルが身についた生徒に対して、転職のサポートや仕事の紹介などを行っているスクールもあります。紹介してもらった仕事がきっかけで、継続して依頼してもらえる顧客を見つけることができたり、実績として就職活動に活用できたりするので、仕事に繋げたいという方はスクールに通うのがおすすめです。

デメリット:費用の負担が大きい

WEBデザインスクールに通う場合、独学に比べて高い費用がかかってしまうというデメリットがあります。多くのスクールでは教育ローンや分割払いなどに対応していますが、あまりに負担が大きいと不安に繋がりやすいので、無理なく支払いができる範囲で選ぶことも大切です。

デメリット:受講期間の制限がある

多くのWEBデザインスクールは受講期間が限られているため、定期的に学べなければ費用が無駄になってしまうこともあります。なかには受講期間を制限していないスクールもあるので、定期的に学ぶのが難しい方やマイペースに学びたい方は、そのようなスクールを選ぶといいでしょう。

このように独学、WEBデザインスクールそれぞれにメリットやデメリットがありますが、効率的に最新の学習を提供してもらうことができ、さまざまなサポートが受けられるスクールがおすすめです。これからWEBデザインを学ぶ方は、ぜひスクールの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

                   

WEBデザインスクールで学べる内容

WEBデザインスクールに通う前に知っておきたいのが、スクールで学べる内容です。ここでは、一般的にWEBデザインスクールで学べるスキルをご紹介するので、スクールに通うかどうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

デザインやコーディングに関するスキル

WEBデザインスクールで学べるのは、デザインの基本的な知識やデザインツールのスキル、またコーディングに関するスキルです。デザインの基本的な知識としては、ユーザーにとって見やすく使いやすいデザインをするためのレイアウト方法、メニューの表示の仕方、配色といったものが挙げられます。

WEBページはある程度構成が決まっており、その構成から大きく外れてしまうと使い勝手が悪くなってしまう可能性があります。スクールではデザインの最新トレンドなども学べるので、基礎を学びながら自分らしいサイトを作るための知識も身につけていくことができるでしょう。

またWEBデザインをするうえで必ずといっていいほど必要になるのが、Adobe社の「Illustrator」や「Photoshop」です。WEBデザインスクールでは、これらの使い方や自由に使いこなすためのスキルを習得できます。

さらにWEBデザイナーとして幅広い仕事をするためには、コーディングなどのWEBサイトを完成させるスキルや動画に関する知識を求められる場面も多いです。そのためHTMLやCSS、JavaScriptなどのスキル、Premiere Proのスキルなどを提供しているWEBデザインスクールも少なくありません。

マーケティングや実務に関するスキル

WEBデザイナーとして仕事をしていくためには、デザインやコーディングの知識だけでなく、案件を獲得するための手法を身につける必要もあります。とくにフリーランスとして働きたいと思っているのなら、マーケティングや実務などのデザイン以外の知識の習得は必須です。

WEBデザインスクールのなかには、SNS運用やディレクション、マーケティングなどの知識、開業手続きの方法、請求書の書き方、また確定申告や節税方法といった、ビジネス面での実践的なスキルを学べるスクールもあります。これらの情報はネット上にも豊富にありますが、正しい情報や自分に必要な情報だけを見極めるのは難しいので、WEBデザインスクールで学べるのは嬉しいポイントです。

ほかにも、どのような仕事をするためにも必要な基本的なビジネススキルも、スクールのカリキュラムとして学べるケースが多いです。依頼者から信頼されるために、そして円滑にコミュニケーションをするためには、ビジネススキルがあることが大前提となります。とくにフリーランスとして自分で営業や顧客対応を行う必要がある方は、WEBデザインスクールでしっかりと学びましょう。

WEBデザインスクールで学ぶべきスキル

WEBデザインに必要なスキル

WEBデザインを仕事にする際、どのようなスキルが必要かご存知でしょうか。WEBデザインの仕事をするためには、習得しておくとよいスキルがあります。

ここでは、WEBデザインに必要なスキルについて解説します。

デザインに関する基礎知識

WEBデザインの仕事をするには、デザインに関する基礎知識が必要です。デザインの基礎知識があれば、魅力的なサイトが作れます。

また、WEBデザインには流行があります。そのため、日々さまざまなサイトをみて流行を確認し、知識として持っておくとよいでしょう。

デザインツールの基本操作

WEBデザインの仕事では、IllustratorやPhotoshopを使用することが多いです。そのため、このようなデザインツールの基本操作スキルが必要です。

どちらも有料ツールになるため、購入する必要があります。IllustratorやPhotoshopの操作について、レクチャーしてくれるスクールがおすすめです。

HTMLやCCS

WEBデザイナーには、コーディングやプログラミングスキルが必要です。また、HTMLやCCSなどのスキルを持っておけば、WEBデザイナーとして活躍できます。

近年では、WordPressを使ってサイトを作成・運営している企業が多いです。そのため、WordPressのカスタマイズができるスキルを持っておくと役に立ちます。

WEBデザインスクールの選び方

WEBデザインスクールは複数あり、その中から1つを選ぶのは大変です。自分に合ったスクールを選ばなければ、続けられません。

ここではWEBデザインスクールの選び方について、解説します。

受講して身につくスキル

WEBデザインスクールを探す際、最も重要なことは受講して身につくスキルです。スクールを受講しても、必要なスキルが習得できなければ意味がありません。

先述したスキルが身につくようなカリキュラムを持つスクールがおすすめです。何も調べずに入会すると、後悔することになります。

自分の理想とするデザイナー像と一致する受講内容

スクール卒業後、WEBデザイナーとして就職したいと考える方は多いです。そのような場合、就職サポートがないスクールを選ぶと、もったいないです。

最近のWEBデザインスクールは、就職するためのサポートがあるものもあります。スクールで身につけたスキルを活かして、就職や転職を考えている方はサポートがあるところを選びましょう。

料金

WEBデザインスクールは、受講料が高額であることがあります。そのため、無理なく支払いができる料金形態であるか確認が必要です。

一括で支払うケースもあれば、分割払いをするケースもあります。無理して受講料を支払うと、デザインの勉強に集中できません。

さまざまなスクールを比較し、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

                   

WEBデザインスクールを選ぶ際、どのような点を重視する? WEBアンケートで調査!

ここまで、WEBデザインスクールに関してさまざまな角度から解説させていただきました。今回、当サイトではWEBデザインスクールに関するWEBアンケート調査を実施しました。どのような回答が寄せられたのか、結果の詳細をみていきましょう。

まず初めに、未経験からWEBデザイナーを目指すとしたら、独学とスクールどちらの方法で学びたいかを聞きました。

72%の方が「WEBデザインスクール」と回答しました。大半の方はスクールに通ってWEBデザイナーの知識やスキルを勉強したいと考えているようです。

では、もし実際に通うなら、どのようなWEBデザインスクールを選びたいと考えるのでしょうか?続いての質問では、WEBデザインスクールを選ぶ際、どのような点を重視するかを聞いてみました。

第1位は「費用・コストパフォーマンス」でした。一般的に、スクールに通う場合は数十万円ほどの費用がかかります。決して安い金額ではないため、お金の面が気になる方や、コストパフォーマンスを重視したい方も多いでしょう。

サブスク型のWEBデザインスクールなら月々数千円からの手頃な価格で通い始めることができます。初期費用を抑えてWEBデザインの勉強をしたい方や、自分の好きなタイミングやペースで学びたい方におすすめです。

第2位は「学べるスキルや知識」でした。どのようなスキルや知識が学べるかは、スクールごとに大きく異なります。WEBデザインスクールを選ぶ際は、カリキュラムの内容をよく確認して、自分が欲しいスキルが学べそうか見極めることが大切です。

第3位は「受講中や卒業後のサポート体制」でした。LINEでいつでも気軽に質問や相談ができる体制が整っていたり、受講中はもちろん卒業後もしっかりサポートが受けられるWEBデザインスクールを選ぶと安心です。中には、スクール卒業生へのお仕事依頼やフリーランス活動をサポートしてくれるWEBデザインスクールもあります。卒業後に仕事がとれるか不安な方や、フリーランスとして独立を考えている方にとっても、心強いでしょう。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しではWEBデザインスクールの選び方について、さらに詳しく解説させていただきます。

WEBデザインを学ぶ際の独学とスクールの違い

WEBデザインスクールと独学の違い

WEBデザインの勉強をしたいと考えたとき、スクールと独学で悩む方がいます。スクールへ申し込むのと、独学で勉強するのはどちらがよいのでしょうか。

WEBデザインスクールと独学の違いについて、詳しく解説します。

費用

WEBデザインスクールと独学の大きな違いは、必要な費用です。独学であれば、参考書と学習サイトの月額費用だけで学べます。

参考書は1冊2,500円ほどで、学習サイトの月額は数千円です。学習サイトは、無料のものを選ぶと費用を抑えられます。

一方でWEBデザインスクールは、数万円〜数十万円の受講料が発生します。スクールによって金額は異なりますが、無料のWEBデザインスクールは存在しません。

疑問点の質問や相談

独学の場合、購入した参考書や学習サイトに、質問・相談機能がないことがあります。そのため、わからないことが出てきても、質問ができず、前に進めません。

しかし、WEBデザインスクールであれば、本格的な学習サポートがあるため、いつでも質問ができます。独学は学習費用が抑えられますが、ひとりで解決する力が必要です。

支援

独学で使用する教材などでは、キャリアサポートのないものが多いです。就職や転職のサポートがある学習サイトもありますが、求人紹介は行っていません。

WEBデザインスクールであれば、求人紹介や案件紹介が受けられるため、すぐに仕事が見つかります。

WEBデザインスクールと独学のメリット・デメリット

WEBデザインを学習する手段として、スクールと独学があります。それぞれメリットとデメリットがあるため、詳しく解説します。

WEBデザインの勉強をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

WEBデザインスクール

WEBデザインスクールは、レベルの高いカリキュラムが用意されていたり、学習が続けられたりするのがメリットです。オンラインスクールであれば、自宅で学べるのもメリットになります。

スクールではプロの講師が、WEBデザインに関する知識を教えてくれます。スクール卒業後は、就職や独立のサポートが受けれるのもメリットの1つです。

反対に、デメリットは必要な費用が独学に比べると高い点です。学習するために必要な費用が高いため、なかなか始められない方もいます。

独学

独学は、比較的安い値段で学べることが大きなメリットです。使用する学習サイトによっては、無料で学べるものもあります。

スクールと違いひとりで学べるので、自分の好きな時間に学習可能です。講師がついているわけではなく、仕事や学校の合間に進められます。

一方で、モチベーションが継続できなかったり、わからないことを質問できなかったりするのがデメリットです。わからないことがあっても、質問できる環境がないため、モチベーションを保ちにくいです。

また、学習の終わりが見えないため、WEBデザイナーになる未来が見えにくいです。

WEBデザインスクールの選び方

WEBデザインスクールの選び方の見出し画像                    

WEBデザインなど、WEB系の知識は需要が高まっているため、スクールの数も増えています。だからこそ、多くの中から自分に最適なスクールを選ぶのが難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、ここではWEBデザインスクールを選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。

費用

WEBデザインスクールを選ぶ際に多くの方が気になるポイントが、費用についてではないでしょうか。スクールごとに費用の設定やプランは異なりますが、おすすめなのは定額(サブスク型)で利用できるWEBデザインスクールです。

講座ごとに費用がかかるスクールもありますが、その場合、費用を意識しすぎて本当に学びたいことを学べずに終わってしまう可能性もあります。費用面での不安を感じないようにするためにも、ぜひ定額制のWEBデザインスクールを検討してみてください。

受講できる期間

多くのWEBデザインスクールは「○か月で卒業」と、受講できる期間が限られています。その場合、受講期間が終わってしまうと新しい情報を受け取れなくなったり、これまで学んだ内容をチェックできなくなったりすることもあります。

このようなケースでは、学びが足りない場合にWEBデザインスクールに通い直したりしなければならない可能性もあるので、できれば受講期間の縛りがなく、好きなだけ学び放題のスクールを選びましょう。さらにいつでも退会できるスクールであれば、自分の都合で通う期間を決めることもできるのでおすすめです。

学べるスキルや知識

WEBデザインスクール選びの際には、学べるスキルや知識にも注目してみてください。たとえばWEBデザインに必要な知識やスキルだけでなく、WEBデザインに関連するプログラミングや動画編集なども学べると、よりデザイナーとして受けられる仕事の幅が広がります。

さらにフリーランスを目指す方は、技術的な部分だけでなく、案件を獲得するための営業スキルや請求書作成、確定申告などのさまざまな手続きに関する知識も必要です。だからこそ、できるだけ幅広い学びができ、費用などを気にせず学びたい内容を好きなだけ学べるスクールを選びましょう。

サポート体制

WEBデザインスクールに通うメリットとして、講師やメンターによるさまざまサポートが受けられるという点が挙げられます。ただしサポートの内容や充実度はスクールによって大きく異なるので、できるだけ充実したサポートを提供しているWEBデザインスクールを選びましょう。

たとえば講師などへの相談は、受付時間が限られているスクールも多いですが、仕事や家事・育児をしながらだとその時間に相談できないこともあるはずです。そこで相談時間や曜日の制約がなく、いつでも相談できるようなスクールであれば、どのような方でも学びやすいためおすすめです。

またスキルを身につけるまでではなく、その後の仕事依頼やフリーランスとして活動するためのサポートが充実しているWEBデザインスクールを選ぶことも大切です。とくに仕事をスタートさせるときはわからないことがたくさんあるはずなので、相談できる先があるのは安心感に繋がるでしょう。

ぜひさまざまな面でサポート体制が整っており、いつでも不安を解消できるようなWEBデザインスクールを選んでください。

受講スタイル

WEBデザインスクールには、さまざまな受講スタイルがあります。実際に校舎に通学する方法もあれば、オンラインで受けられるスクールもあります。またマンツーマンか集団で学ぶかなどの選択肢もあるでしょう。

仕事をしながら、家事や育児をしながらWEBデザインを学びたい場合、定期的に通うことが難しいこともあります。そんな方には、オンラインのWEBデザインスクールがおすすめです。オンラインならいつでもどこでも学ぶことができ、自分のペースでスキルを身につけられます。

コミュニティの形成

どのようなことでも、継続するためにはモチベーションの維持が重要な課題となりますが、とくにオンラインスクールの場合は自宅などで1人きりで学ぶため、モチベーションが低下してしまうことも珍しくありません。そのせいで挫折しないようにするためには、オンラインスクールでもコミュニティの形成をサポートしてくれるWEBデザインスクールを選びましょう。

オンライン上でのセミナー開催などはもちろんですが、よりおすすめしたいのはオフラインで受講生同士が交流できる機会を提供してくれるスクールです。横のつながりができることで仕事の協業なども可能になるので、将来のためにもコミュニティを形成しやすいスクールを選びましょう。

自分に合ったWEBデザインスクールを選ぼう!

WEBデザイナーとしてのスキルを習得したいのなら、最新の情報や知識を提供してくれるWEBデザインスクールで学ぶのがおすすめです。数多くのスクールがありますが、費用や学べる範囲、またサポート体制などを比較して自分に合うスクールを見つけましょう。そしてWEBデザイナーとしての一歩を踏み出してください。

                   

【FAQ】よくある質問

  • 社会人でも働きながら学べますか?
  • スクールによっては、子育てしながらや、働きながら学ばれている方が多数いるようです。
  • パソコンが無くても受講できますか?
  • 必要な場合が多いようですが、パソコンを貸し出しているスクールもあるようです。
  • どういう方が指導していますか?
  • 現役エンジニアやフリーランスで活動している方が多いようです。
  • 学習についていけるか不安です。
  • 未経験者向けのカリキュラムを提供していたり、マンツーマンで指導しているスクールがあるようです。

コスパ最強! WEBデザイナーに必要な幅広い領域を学び放題のスクール

WEBデザインを効率的に、継続的に学びたい場合におすすめしたいのがWEBデザインスクールですが、「料金が高い」「学習期間が短い」といった問題があります。

またスキルを身に付けてフリーランスとして独立したあとも、相談先がなかったり、最新の情報を学び続けることができなかったりするため、自分で情報を集めたり独学で学び続けることが必要になりますが、これも負担が大きいでしょう。

月額定額制で受講期間の縛りなし Campusの魅力とは?

おすすめの
WEBデザインスクール比較表

イメージ
スクール名Campus(キャンパス)SHE likes(シーライクス)デジハリオンラインスクールヒューマンアカデミーFamm(ファム)webfree(ウェブフリ)デイトラ
強みサブスク型なので他スクールと比べて料金が圧倒的に安い!コンテンツも非常に豊富!40種類以上の職種・スキルを定額で学び放題!メディア掲載実績も多数!20年以上のクリエイター育成ノウハウがある!実践的なカリキュラムを用意!就職率90パーセント以上を達成!厚生労働省の給付制度対象コースを用意!無料でシッターを手配してもらうことができる!未経験でも歓迎!実践型のフリーランス育成スクール!7種類のコースが用意されている!業界最安級のリーズナブルな料金設定!カリキュラムの閲覧無制限!
おすすめポイント・サブスク型でサービスを提供
・卒業制度がなくいつまでも学べる
・200本以上のコンテンツを用意
・40以上の職種・スキルに対応
・仕事にチャレンジできる
・月一回コーチングが受けられる
・トップクリエイターがカリキュラムをプロデュース
・20年以上のクリエイター育成ノウハウを持つ
・フリーランスに強い
・就職率がとても高い
・就職まで丁寧にサポート
・3種類の学習スタイルがある
・シッターを無料で利用可能
・卒業生3,000名以上
・95%以上が満足している
・7種類の豊富なコース
・チャットで質問し放題
・受講中から案件獲得~納品までを体験できる
・料金設定が良心的
・カリキュラムは随時アップデート
・長期にわたるサポート
料金入会金19万8,000円(税込)
月額5,500円(税込)
【スタンダードプラン】
入会金16万2,800円(税込)
月額1万6,280円(税込)
など
【Webデザイナー講座フリーランスプラン】
43万7,800円(税込)
【Webデザイナー総合コース】
入学金1万1,000円(税込)
受講料・他76万1,839円(税込)
など
受講料:18万4,800円(税込)記載なし【Webデザインコース】
9万9,800円(税込)
など
受講形式オンラインオンライン/通学オンラインオンライン/通学オンラインオンラインオンライン
受講期間無制限(卒業なし)1年約8か月6~12か月約1か月4~10か月約110日
独立支援ありありありありありありなし
受講生同士の交流ありありなしなしありなしあり
運営会社情報株式会社Campus
東京都新宿区四谷1-23-6 協立四谷ビル
SHE株式会社
東京都港区南青山3丁目7-21
デジタルハリウッド株式会社
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 4F
ヒューマンアカデミー株式会社
東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル5階
株式会社Timers
東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザB1
株式会社HATCH
東京都千代田区神田錦町2-2-1 12F WeWork KANDASQUARE
株式会社デイトラ
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

【その他】
WEBデザインスクール

  • テックアカデミー
    会社名キラメックス株式会社
    住所東京都渋谷区渋谷二丁目9番8号
  • コードキャンプ
    会社名コードキャンプ株式会社
    住所東京都品川区大崎2丁目1-1ThinkPark Tower
  • Winスクール
    会社名ピーシーアシスト株式会社
    住所東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー35階
    TEL0120-20-9821
  • Raise Tech(レイズテック)
    会社名株式会社RaiseTech
    住所大阪府大阪市西区南堀江1-16-23 MIRABELL NORTH 602
  • DMM WEBCAMP
    会社名株式会社インフラトップ
    住所東京都港区六本木3丁目2-1住友不動産六本木グランドタワー 23階
    TEL03-6869-4700

【ジャンル別】
WEBデザインスクール

  • 働きながら学べる社会人向けWEBデザインスクールおすすめ3選

    社会人になってから新たなスキルを見つけたいと思っても、なかなか時間が取れないかもしれません。そんなときに活用したいのがWEBスクールです。WEBスクールであれば、働きながらWEBデザインを学べるため社会人のスキルアップに最適です。今回は3つのWEBデザインするクールの特徴を解説します。ぜひ、参考にしてください。

  • 安い・コスパがいいWEBデザインスクールおすすめ3選

    WEBデザインスクール選びにおいて重視したいポイントのひとつにコストパフォーマンスがあります。安く質の高いサービスを提供するスクールに通えば、費用を抑えながら実践的なスキルを備えることが可能です。今回は、おすすめのWEBデザインスクールとしてCampus)、rimomo、デザナルを紹介します。

  • オンラインで学べるWEBデザインスクールおすすめ3選

    WEBがビジネスに占める重要性は、非常に高いといえます。多くの人がインターネットで情報を検索し、それをもとに行動を決定する機会が増えているからです。WEBデザインを学ぶ必要があっても、スクールに通う時間がない人におすすめなのがオンラインのWEBデザインスクールです。今回はおすすめの3つのオンラインスクールを紹介します。

WEBデザイン
関連コラム

  • 40代未経験からWebデザイナーを目指すことは可能?成功への道のりとは
  • 30代未経験でもWEBデザイナーを目指せる?成功するためのステップ
  • 未経験からフリーランスになるには?成功するためのステップガイド

    近年増えている「フリーランス」という働き方。興味はあっても、どのようにフリーランスになればいいかわからないという方も多いでしょう。また、未経験で自信がないという方もいるはずです。そこで本記事では、未経験からフリーランスになるための方法と、成功するためのポイントをご紹介します。

  • 絵が下手でもWEBデザイナーになれる?成功するために必要なスキル

    「絵が下手」という理由で、WEBデザイナーという職業を選択肢から外していませんか?WEBデザイナーに漠然としたイメージがあっても、具体的にどのようなスキルが求められているのか理解されていない方も多いかもしれません。この記事ではWEBデザイナーになるための必要スキルや、成功するためのスキル・資格について詳しく解説します。

  • フリーランスWEBデザイナーの平均年収や相場単価とは?実態を解説

    最近注目されているフリーランスという働き方ですが、なかでも「WEBデザイナー」という職種が人気を集めています。これからフリーランスWEBデザイナーを目指したいという方は多いでしょう。しかし、実際にどのくらい稼げるのか気になる方が多いはずです。そこで本記事では、フリーランスWEBデザイナーの収入実態を徹底解説します。

【PR】コスパで選ぶWEBデザインスクール